HOME > ニュース > 展示発表会 > パチンコ海シリーズ最新作、日本のご当地要素をテーマに設定付ミドルで登場

パチンコ海シリーズ最新作、日本のご当地要素をテーマに設定付ミドルで登場

2019年03月08日


三洋物産は3月8日、ヒットタイトル海物語シリーズの最新作となるパチンコ機「Pスーパー海物語IN JAPAN2」の内覧会を都内のショールームで開催した。

海物語シリーズのなかでも、日本各地のご当地要素をふんだんに盛り込んだ演出が高評価されたIN JAPANシリーズ最新作となる新機種は、ミドルスペックながら設定を搭載した新規則機。設定は2段階が搭載され、大当り確率は、約1/299.2(高確率約1/59.9)または約1/276.5(同1/55.3)という設計だ。

確変仕様は、次回大当りまで継続するシンプルなループタイプ。確変突入率は60%で、通常大当り終了後には80回の時短が付随する。大当り出玉は、1,350個(10R)、675個(5R)、270個(2R)の3パターン。確変継続率は時短引き戻し込みで最大約70.1%となっている。

全都道府県の方言美女を動画で搭載するなど、前作よりも進化したご当地要素満載の演出群に加え、RTCを活用することで、2時間に1回訪れる人気キャラクター「アイマリン」によるライブ演出も見どころの一つだ。

ホール導入予定は4月22日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言