HOME > ニュース >  ホール  > ビジネスパートナーズが障がい者支援事業で「わかば」を開所

ビジネスパートナーズが障がい者支援事業で「わかば」を開所

2019年03月19日


ダイナムジャパンホールディングスの特例子会社であるビジネスパートナーズは、障がい者の共同生活支援事業としてグループホーム「わかば」を4月1日から開所する。3月15日には入居希望者およびメディア向けの内覧会と説明会が行われ、多くの居住希望者が訪問した。

ホームは3フロア構成で、7.6畳から12.3畳まで賃料別に全12部屋を用意。各フロアには共有スペースが設置され、個室にはベッド、TV、タンス、一部に冷蔵庫、バス、洗面台が完備されている。4月からの開所に向けて同社の藤田俊博運営部長は「かねてより障がい者の長期雇用で課題だった生活支援をフォローしたかった。地域との共同生活を通じて障がい者の自立を促し、安定した生活で雇用の長期化に繋げていきたい」と、障がい者の社会生活を支援することが目的だと語った。グループホームは、都内葛飾区東水元の閑静な住宅街の一角に位置し、もともとあったダイナム研修施設を大幅に改修したもの。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他




Kaidou Movie Channel

PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言