HOME > ニュース > 組合・団体 > 日工組、4月1日から性能表示モニタの本運用へ

日工組、4月1日から性能表示モニタの本運用へ

2019年03月20日

日工組は3月19日、全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAの5団体に対し、新規則パチンコ機から搭載されている性能表示モニタの本運用を4月1日から実施することを連絡した。昨年7月から試験運用を行ってデータ収集していたもので、4月以降、性能表示モニタが搭載された遊技機では、部品交換後の点検確認時に行っているホールコンピュータによるベース値の確認を性能表示モニタの数値の確認に置き換える。

新流通制度における点検確認手順では、部品交換後にまずは遊技くぎを目視で確認。異常がなかった場合は性能表示モニタのベース値をチェックし、これが基準値内にあることを確認して部品交換確認書を作成する。性能表示モニタのベース値が適正な範囲に収まっていない場合は、計測器具等を用いた遊技くぎの確認を実施して、異常がなかった時に部品交換確認書を作成する。

目視点検、計測器具等を用いた確認のいずれかの段階で異常を確認した場合は、部品交換確認書にNG結果を記入し、当該異常箇所の変更承認申請を行った上で、再度、部品交換と交換後の点検確認を行う。

ベース値が表示されていない場合は、現状の運用と同様、ホールコンピュータのデータもしくは実射値を記録して保管する。また、営業所から性能表示モニタのベース値が適正な範囲に収まっていないとの連絡があった場合は、委託業者を含む製造業者による遊技機の点検を実施することになっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言