HOME > ニュース > 組合・団体 > 京遊協青年部会総会で白川部会長が4選、行政担当官は広告宣伝の違反行為を非難

京遊協青年部会総会で白川部会長が4選、行政担当官は広告宣伝の違反行為を非難

2019年04月25日


京都府遊協青年部会は4月23日、京都市上京区の京都ブライトンホテルで第44回目となる定期総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で白川智久部会長を再任した。白川部会長は4期目となる。加えて、第2号議案で承認された今年度の事業計画には、引き続き、視覚障害者オープンゴルフ京都大会への協賛を盛り込むなど、社会貢献活動の積極的な推進を掲げた。

白川部会長は、「依然として業界を取り巻く環境は厳しく、日々の営業も悩ましい状態が続いているが、少しずつ明るい兆しも見え始めていると思う。もちろんその前に、新たな遊技機や、喫煙ブースといった設備投資の案件は抱えているが、そこからいろんな変化が生じてくるのではとも感じている。青年部会としても変化の流れのなかで、他県の青年部会と連携しながら、たくさんの情報を集め、学び、明るい業界を作っていけるよう、皆とともに進んでいきたいと考えている」と挨拶した。

また当日、来賓として登壇した京都府警察本部生活安全企画課許可等事務審査室の金子平室長補佐は、依存防止対策の確実な実施を要請するとともに、広告宣伝の健全化に言及した。金子室長補佐は、「京都府下では昨年も、広告宣伝に関わる違反を認知し指示処分を行った。特定日に特定の遊技機を示し、イベント開催を告知して射幸心をそそるものや、入賞を容易にした遊技機の設置や大当り確率の設定状況を窺わせる違反が発生している。これらは現在業界で進められているパチンコへの依存対策に逆行するものであると言わざるを得ない」と非難。「これら違反には今後も厳正に対処していく。広告宣伝に関しては、責任のある立場の人が必ず広告内容を確認し、違反とならないか点検をするように」と注意を促した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言