HOME > ニュース > 組合・団体 > 回胴遊商の組合員講習会に新規加入4社が参加

回胴遊商の組合員講習会に新規加入4社が参加

2019年04月26日


回胴遊商は4月23日、都内台東区の東京本部会議室において3月の理事会で承認された新規加入組合員に対する回胴新規加入講習を開催した。講習会にはこの4月に新たに加入したパチスロ販売商社4社から6名が参加し、活動内容や実務内容などについて約3時間の講習を受けて組合への理解を深めた。

講習に先立ち挨拶した大饗裕記理事長は、今期の組合加入社数が回胴遊商の創立以来最小となったことを報告し、「この数字はまさに今の業界の現状を表している。新台の供給もままならないなど非常に厳しい環境に置かれているが、大きな希望を持って加入された皆様には、ルールを厳守したうえで会社、家族、社員を守ることはもちろん、組合への貢献や存亡の危機にある業界に何ができるか、という視点も頭の片隅に置いて欲しい」と語った。

講習会では桂木俊郎専務理事、飯石三三男業務課長、佐々木斉理事ら組合関係者が講師となり、業界や回胴遊商の歴史に関する解説を行ったほか、健全な遊技機の流通や販売活動を行うための注意点、不正防止に関する知識、日常業務の流れなどを説明。さらに、中古流通や認定申請に関わる業務の留意事項をはじめ、確認シール事業や遊技産業不正対策情報機構(PSIO)についての解説も行われた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言