HOME > ニュース > 新機種発表 > 1種2種タイプのパチンコゴルゴ13に、平均継続率約76.5%の甘デジバージョンが登場

1種2種タイプのパチンコゴルゴ13に、平均継続率約76.5%の甘デジバージョンが登場

2019年05月10日


SANKYOはこのほど、今年1月にホール導入を果たした同名タイトルの甘デジバージョンとなるパチンコ機の新機種「Pフィーバーゴルゴ13Light ver.」をリリースした。

1種2種タイプとなる新機種は、大当り確率1/113.0で、高ベース中の図柄揃い確率は約1/7.7。特図2での残保留引き戻し込みの合算平均継続率は約76.5%となっており、遊びやすさと出玉性能のバランスが追求されたスペックになっている。

大当り出玉は810個、または540個、270個。特図2大当りの約40.8%で9R(810個)の出玉が獲得可能だ。

ホール導入予定は、7月8日から。





ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言