HOME > ニュース >  ホール  > 善都、こども財団設立で記念講演

善都、こども財団設立で記念講演

2019年05月22日


善都は5月16日、愛知県豊田市の福祉センターで「一般財団法人善都子ども財団」の設立記念講演会を行った。会には来賓として豊田市の太田稔彦市長、社会福祉協議会の中田繁美事務局長が出席したほか、市内のボランティア関係者や学生など約80名が参加した。

同財団はさまざまな理由から「生きづらさ」を抱えた子どもたちに対して「食事」と「学習への支援」を中心に居場所をつくり、孤立防止と健全な育成、自立を促すことを目的に4月11日に設立。代表理事に善都の都筑善雄社長が就いている。

講演会で挨拶にたった都筑代表は「豊田市役所と豊田社会福祉協議会とのご縁を通じて、生きづらさを抱えた子どもたちが数多く存在していることを知った。今回のアクションが広く周知されることで市内の多くの企業や個人を巻き込み、子どもたちを社会全体で包括的に支援する大きなうねりの第一歩になれば」と、財団設立の意義を述べた。また、来賓挨拶を行った太田市長は「一人でも多くの方が子どもたちに関心を持つことがスタート地点であり、その思いのなかで財団設立はとても大きな一歩。是非、この動きが他の企業、事業所に広がることを期待している」と述べた。

講演会では中京大学現代社会学部教授の成元哲氏が「今求められる子ども食堂」をテーマに講演を行ったほか、名古屋市内で「ほんわか食堂」を営む松土敏子さんが、先進的事例として市内のさまざまな取り組みを紹介するなどした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言