HOME > ニュース > メーカー > サミーがパチンコに続き、人気アニメ「あの花」を今度はパチスロ化

サミーがパチンコに続き、人気アニメ「あの花」を今度はパチスロ化

2019年06月07日


サミーはこのほど、先日パチンコでもリリースされた人気アニメをモチーフとした新機種「パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」をリリースした。

新機種は、純増約3.0枚のAT主体で出玉を獲得していく仕様だ。ATは1セット20ゲーム継続。セット数管理タイプとなっており、セット数上乗せなどで連チャン性を創出している。またラウンド数で管理された平均継続20R、最大40RとなるATで構成されたボーナスも搭載されている。

ATは、レア役当選などから直接発動するほか、チャンスゾーンを経由するパターンが存在。このうち前後半の2パートで構成されるチャンスゾーンには、表示されるセグに応じて当落をジャッジするゲーム性が盛り込まれており、AT期待度は約40%となっている。

またパチンコ版同様、アニメを象徴する数々の感動シーンを忠実に再現したという液晶描写や、同機のために新たに描き下ろされたオリジナル演出も見どころの一つだ。

ホール導入予定は8月上旬から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言