HOME > ニュース > 新機種発表 > 初代パチンコ花満開を彷彿とさせる新機種、2回ループのゲーム性を実現

初代パチンコ花満開を彷彿とさせる新機種、2回ループのゲーム性を実現

2019年08月07日


西陣は8月6日、デビュー当時の花満開を彷彿とさせる2回ループのゲーム性を実現したパチンコ機の新機種「Pツインループ花満開」の内覧会を都内のショールームで開催した。

同社のヒットタイトルとして長年、後継機がリリースされてきた花満シリーズ最新作となる新機種は、1種2種混合タイプで、大当りの2回ループというゲーム性を実現。「3」「7」の大当りのたびに、以降2回分の大当りが約束される仕様だ。

大当り確率は約1/319で3個賞球を採用。すべての大当りで1,000個の出玉が獲得できる。またドット演出を中心に、全108種類が搭載されている「超激熱演出」も見どころの一つ。なお、これら演出群については、すでに同社のホームページ上で公開されている。

URLは、http://www.nishijin.co.jp/jp/machine/2019/dh1/

ホール導入予定日は10月7日からとなっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言