HOME > ニュース > 新機種発表 > 藤商事が人気ホラーパチンコ「リング」最新作を発表、右打ち時の最大ループ率は79%

藤商事が人気ホラーパチンコ「リング」最新作を発表、右打ち時の最大ループ率は79%

2019年06月27日


藤商事は6月21日、都内台東区の東京支店で人気シリーズ最新作となるパチンコ機の新機種「Pリング バースデイ 呪いの始まり設定付」のプレス発表会を行った。

シリーズでは初となる完全実写映像を採用した新機種は、おなじみの「手落下」に加え、「恐怖の電話ギミック」といった新多機能デバイスの搭載で恐怖感や臨場感を演出。これまで以上に原作が有する世界観の表現にこだわった。

大当り確率は、1/319〜1/199(右打ち時1/8.244〜1/8.118)で、6段階設定搭載の1種2種混合タイプ。右打ち時の大当りはすべてMAXラウンドとなり、右打ちモードの「呪いの連鎖」では最大で79%のループ率を実現。突入時の獲得出玉期待値は約6,180個となっている。

新機種について同社営業本部の中村敏幸本部長は、「ミドルスペックにおいて6段階の設定幅をここまで大きく搭載した機種は弊社のみ。新機種の特性を最大限ご活用していただければホール様にとって新たな営業スタイルの確立、またパチンコファンにとっても新たな楽しみの提供に繋がるものと確信している」と自信をみせた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言