HOME > ニュース > その他 > ダイナム、航空機リース事業を本格開始

ダイナム、航空機リース事業を本格開始

2019年07月26日


ダイナムジャパンホールディングス(DYJH)のグループ会社Dynam Aviation Ireland Limited(本社アイルランド・ダブリン、安藤克彦CEO、以下DAIL)は、7月23日付で、株式会社FPG信託とエアバスA320の売買契約を締結し、FPG信託およびVueling Airline社(以下「ブエリング航空」)とエアバスA320のリース承継契約を締結したと発表した。

投資スキームは、航空機をメーカーから購入または他リース会社からリースを承継して航空会社へリースし、最終的に売却する、資産のリースと売却を組み合わせた手法。同社によると、航空機は約25年という長期間にわたって使用可能な動産であり、機種別に均一な資産価値を持つことからリース期間中に高水準で安定したリース料を受け取ることができるとのこと。また、市場動向次第では売却益にも期待できるという。

今回のDAILとの契約締結でDYJHでは、国際的事業による高い投資効率を見込んでいる。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言