HOME > ニュース > メーカー > 巨大ルーレット搭載のパチスロ新機種、純増約5.1枚の疑似ボが80%でループ

巨大ルーレット搭載のパチスロ新機種、純増約5.1枚の疑似ボが80%でループ

2019年08月03日


コナミアミューズメントはこのほど、純増約5.1枚のATを搭載したパチスロ機の新機種「ドラゴンホイール」をリリースした。

巨大なルーレットを搭載した筐体が特徴的な新機種は、約5.1枚という高純増ATで構成される疑似ボーナスが主体。ボーナスは100枚〜300枚が獲得可能だ。さらに、「ドラゴンJACKPOT」が発動すれば、ボーナスが5回保障されることに加え、80%でボーナスがループするというゲーム性になっている。

通常時は、リプレイやレア役などでポイントを獲得し、規定ポイント到達でチャンスゾーンに突入するというシステム。チャンスゾーンは平均25ゲーム継続し、その間リプレイやレア役を引き当てるほど、ボーナスの期待度が上昇する仕組みになっている。

ホール導入予定は10月から。

©Konami Amusement


ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言