HOME > ニュース > メーカー > ニューギンが熊本地震の被災企業をコラボ製品の制作で支援

ニューギンが熊本地震の被災企業をコラボ製品の制作で支援

2019年09月19日


ニューギンはこのほど、2016年4月に発生した熊本地震で被災した企業を支援する独自プロジェクト「ファイト!くまもと」第2弾として、熊本市内の老舗菓子メーカー「熊本菓房」と合同で、コラボレーション製品を制作。8月27日には、熊本県を中心に活動するタレント「ばってん城次」さんとともに現地で作業風景を視察した。

今回の企画は、熊本菓房が製造するゼリー菓子「芦北のデコポンゼリー」をニューギンオリジナルパッケージにして4,000個制作するというもの。製品は、全国のホール関係者にノベルティとして配布されるという。

熊本菓房の布井真太郎営業本部長は、震災以降、観光客の減少に伴う販売落ち込みに苦戦している現状を説明しながら、今回のコラボについて「ありがたいことに、全国のホール様に当社の製品を手に取っていただける機会を得た。商品の認知度を高めることは販路を確保する上で大変大切なこと。この縁を大事にしてい、商品づくりに励みたい」と感謝の言葉を述べた。

一方、視察に同行したばってん城次さんは、「熊本菓房さんは県が誇る老舗のお菓子メーカー。そこにニューギンさんが手を差し伸べてくださったと知って嬉しい。コラボ商品のデコポンは熊本の名産品で、一度食べて頂ければ間違いなく気に入っていただける」と太鼓判を押した。

またニューギン販売熊本営業所の平山昌幸所長は、「グループ全体で長年被災地支援を続けてきたが、自分自身が被災したことで本当の意義がわかった。被災地支援は続けることが大切。またこの活動は遊技機を購入してくださるホール様と、遊んでくださるパチンコファンの皆様のおかげで成り立っており、改めて感謝したい」と話した。

同社グループでは、今回の熊本支援のほかにも、「世の中の困っている人を元気にしたい」という想いから、人々の「ほほえみ」をサポートする取り組み「ほほえみサポートプロジェクト」を発足させており、東北の被災地支援をはじめ、全国各地で様々な社会貢献活動を実施している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言