HOME > ニュース > 新機種発表 > サミー、パチンコ七つの大罪の甘デジ仕様を発表

サミー、パチンコ七つの大罪の甘デジ仕様を発表

2019年09月26日


サミーは9月18日、同名タイトルの甘デジバージョンとなるパチンコ機の新機種「デジハネP七つの大罪エリザベスVer.」の内覧会を都内のショールームで行った。

初回ALLフルラウンドに加え、RUSH突入時は実質2回以上の大当りが期待できるゲーム性を引き継ぎつつ、遊びやすい甘デジ仕様となった1種2種タイプ。より原作の世界観を堪能しやすいスペックに仕上がっている。

6段階設定が搭載され、大当り確率は約1/129.8(大当り+小当り確率約1/13.67)〜約1/80.0(同1/12.83)、時短回数は、0回または7回、14回、99回だ。出玉は10R(約800個)もしくは5R(約400個)。RUSHの合算継続率は約71.6%〜約73.4%となっている。

ホール導入予定日は11月上旬から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言