HOME > ニュース > 新機種発表 > パチンコエヴァ最新作、小当りRUSHで出玉が増える「暴走モード」を実現

パチンコエヴァ最新作、小当りRUSHで出玉が増える「暴走モード」を実現

2019年11月07日


フィールズは11月6日、ヒットタイトル最新作となるパチンコ機の新機種「新世紀エヴァンゲリオン 〜シト、新生〜」(ビスティ製)の発表会を都内渋谷の同社ショールームで開催した。当日は、歌手の高橋洋子さんが特別ゲストとして招かれミニライブを実施。人気の楽曲に加え、パチンコ機に搭載されている新曲を歌い上げた。

同シリーズ機で人気のゲーム性「暴走モード」が進化を遂げたという新機種は、小当りRUSHを搭載したミドルスペックの確変ループ機。暴走モード突入のきっかけとなる2R確変大当り後に小当りRUSHを発動させることで、シリーズ機としては、初めて出玉が増える暴走モードを搭載した点が特徴となっている。

大当り確率は約1/319.7(高確率約1/45.7)、短開放となる2R確変を除く大当り出玉は全て約1,200個。さらに新たなゲーム性として、小当りRUSHに加え、次回確変大当りが確定する出玉トリガー「新生モード」も搭載されている。また演出面では、シリーズ伝統の予告や法則性などが新たな技術描写で再現されている点も見どころの一つだ。

ホール導入予定は12月16日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他






PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言