HOME > ニュース > 新機種発表 > 大一、最大継続率約89%を実現したパチンコひぐらし最新作をリリース

大一、最大継続率約89%を実現したパチンコひぐらし最新作をリリース

2019年11月19日


大一商会はこのほど、人気コンテンツをモチーフにしたパチンコ機シリーズの最新作「Pひぐらしのなく頃に〜廻〜319Ver.〜」をリリースした。

新機種の基本的な仕様は、大当り確率約1/319.69(高確率1/7.72)の1種2種タイプ。引き戻し込みのトータルRUSH継続率が約89%という高い連チャン性を有したスペックが大きな特徴だ。

この連チャン性と、連チャン後の引き戻しゾーンにおける期待感を両立させた仕組みのポイントが、約1/32で生じる転落小当りの搭載だ。これにより、RUSH終了後の残保留4回分を約1/7.72で抽選する仕様を実現。RUSHの引き戻しに対する期待感が創出されている。

出玉は、最大1,350個でその他は900個または450個。お馴染みのキャラクターに加え、完全書き下ろしとなるパチンコオリジナルキャラクターを交えた演出描写も見どころの一つだ。

ホール導入予定日は来年の1月6日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言