HOME > ニュース > 新機種発表 > 平和がパチスロ新台、4リール採用で一撃平均1000枚超のメリハリ効いた出玉性能を実現

平和がパチスロ新台、4リール採用で一撃平均1000枚超のメリハリ効いた出玉性能を実現

2019年11月20日


平和は11月19日、4リールを採用することで、メリハリの効いた出玉性能を実現したパチスロ機の新機種「花伝」(アムテックス製)を都内のショールームでプレス発表した。

発表された新機種は、純増約6.2枚の高純増ATを搭載。4リールを採用することで増加した押し順の選択肢を活かし、1撃平均1,000枚超という出玉に対する期待感を創出した仕様が特徴だ。

ゲーム性はシンプルで、リール下部に設けられている4桁7セグの数字が4つ揃うことでATに突入。ここではまず、約220枚が獲得可能だ。そしてポイントとなるゲーム性は、その後もれなく発動する30ゲーム間のチャンスゾーン「こいこいタイム」にある。

同タイム中は、出玉約110枚のAT「乱舞ボーナス」を毎ゲーム約1/3.6で抽選。その結果、平均獲得枚数が全設定共通で約1,100枚という出玉性能が発揮される仕組みだ。さらに乱舞ボーナスの上乗せ抽選に加え、プレミア的な位置づけとして、この「こいこいタイム」自体の連チャンにも期待が抱ける仕様となっている。

ホール導入予定は来年の1月中旬から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言