HOME > ニュース >  ホール  > ニラクが地元イベントに向けたワークショップ

ニラクが地元イベントに向けたワークショップ

2019年11月26日


福島県を中心に店舗展開するニラクは、 11月1日に郡山市の国際アート&デザイン大学校で開催される「ビッグツリーページェント・フェスタIN KORIYAMA2019」のイルミネーション点灯式で使用するランプシェード制作のためのワークショップを行った。

ワークショップには、近隣の幼稚園の子どもたちや学生をはじめ、ニラクイメージキャラクターを務める福島県のアイドルグループ「NINA-RAY(ニナレイ)」のメンバーを含めた約70名が参加。国際アート&デザイン大学校の生徒の指導のもと、「楽しいとき」「うれしいとき」をテーマにした絵や文字をランプシェードに描いた。ワークショップ終了後は、ニラクの店舗で集められたお菓子のプレゼントも行われた。

今回制作されたランプシェードは、 11月13日から来年1月13日までJR郡山駅の東口広場に飾られる。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言