HOME > ニュース >  ホール  > ダイナムJHD カジノ用ビデオスロット機がマカオで稼動開始

ダイナムJHD カジノ用ビデオスロット機がマカオで稼動開始

2019年12月12日


ダイナムジャパンホールディングス(ダイナムJHD)は12月10日、事業パートナーであるウェイケ・ゲーミング・テクノロジーと共同開発した「ダイナミックWシリーズ」の3機種が、11月30日からマカオのレジェンド・パレス・カジノで稼働を開始したことを発表した。

ウェイケ社はマカオ市場向けのカジノマシンの製造及び販売ライセンスを保有するシンガポールの企業で、かねてよりダイナムJHDとパートナーシップを結んでおり、共同開発においては、パチンコのゲーム性を取り入れたマスマーケット向け・時間消費型の「パチンコボーナスシリーズ」と、1リール・1ラインで当たり・ハズレが短時間で決まる「ハーフチャンスシリーズ」の組み合わせによる「ダイナミックWシリーズ」を提案していた。ダイナムJHDでは後継機種の開発を通じてハイローラー向けカジノマシン中心のマカオで、マスマーケットを開拓していく考え。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言