HOME > ニュース > 展示発表会 > 西陣、一撃34連チャンを実現したパチンコ新台を発表

西陣、一撃34連チャンを実現したパチンコ新台を発表

2020年02月05日


西陣は1月31日、都内のショールームで役物とデジタル抽選を融合させたパチンコ機の新台「PデカビスカスHD」の内覧会を開催した。

新機種最大の特徴は、一度大当りを引き当てれば、最大1万200個、平均でも5,610個の出玉が見込めるスペックだ。仕様は34回リミットの確変ループタイプだが、一度の大当りで34連チャンが確定するほか、終了後の保留4回転で再度大当りを引けば、さらに34連チャン分の出玉が獲得可能になっている。

大当りまでの流れは、最初に盤面左に配置された1穴クルーンを狙い、玉がクルーン通過後に風車をくぐり抜け、スタートチャッカーに入賞すれば、デジタル抽選がスタート。大当り確率は、1/26.99(高確率1/16.28)で、確変突入率は100%。大当り出玉の振り分けは、2R確変(120個)が75%、5R確変(300個)となっている。

ホール導入予定日は4月6日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言