HOME > ニュース > 新機種発表 > ネット、技術介入とATが融合したパチスロ新台「スナイパイ71」をリリース

ネット、技術介入とATが融合したパチスロ新台「スナイパイ71」をリリース

2020年02月10日


ネットはこのほど、ATのゲーム性に技術介入を盛り込んだというパチスロ機の新台「スナイパイ71」をリリースした。

技術介入の成功で上乗せのベース枚数が上昇しするなど、ATに技術介入性をリンクさせたゲーム性が特徴。チャンスゾーンなどを経由して発動するATは、初期枚数100枚+αの差枚数管理タイプとなっている。

シリーズ機で人気の上乗せ演出である「OPT(おりりペンペンタイム)」も、最大99%でループする差枚数上乗せ仕様で搭載した。

ホール導入予定は4月上旬から。

©NET CORPORATION



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言