HOME > ニュース >  ホール  > ダイナム、京楽産業.グループとのPB機を1,200台導入へ

ダイナム、京楽産業.グループとのPB機を1,200台導入へ

2020年02月17日


ダイナムは、 京楽産業.グループと共同開発したパチンコ遊技機「PAぱちんこ 新・必殺仕置人 TURBO GORAKU Version」約1,200台を2020年3月2日より、 ダイナムジャパンホールディングスグループの店舗へ順次導入すると発表した。

ごらくシリーズ15作目となるプライベート・ブランド機は、京楽産業.グループとダイナムがスペック設計や企画立案を協働で手がけた6段階設定付きパチンコ機。 スペックは時短突破型高継続タイプで、機種名のTURBOが示す通り「真・仕置CRASH TURBO」突入時の高速消化と高継続率による出玉獲得が最大の魅力となっている。大当りを体感しやすい仕様の同機は「真・仕置CRASH TURBO(ST)」突入時におけるスピード感あふれる出玉獲得が可能となっている。また、演出面ではオリジナルキャラクター「ごら吉」が仕置人仕様で登場するほか、演出時に発生するボイスでは同社の接客優秀スタッフが参加している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言