HOME > ニュース > メーカー > セガサミー文化芸術財団が、新型コロナでイベント中止となった公演主催者を支援

セガサミー文化芸術財団が、新型コロナでイベント中止となった公演主催者を支援

2020年03月31日


セガサミー文化芸術財団は3月30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったパフォーミング・アーツ公演の主催者を支援する方針を発表した。

支援は、クラウドファンディング事業をてがけるREADYFOR社による「新型コロナウイルスによる中止イベント支援プログラム」を通じて実施。同プログラムに対し総額200万円を支援する。支援金は、セガサミー文化芸術財団が選定したイベント主催者らに一律10万円ずつ分配されるという。

対象となるイベントは、新型コロナウイルスの影響で中止となり、会場費などの損失が発生したパフォーミング・アーツ公演で、READYFOR社による「新型コロナウイルスによる中止イベント支援プログラム」に申し込まれたもの。申し込み期限は2020年4月30日となる。なお、5月15日までにクラウドファンディングプロジェクトを公開したイベントに限られる。同財団による支援イベントは5月末ごろまでに決定。8月末までに各イベント主催者に入金される見込みだ。

同財団は、国内外の優れた芸術や伝統文化への寄与を目的として活動しており、舞踊分野では、「ダンスベースヨコハマ」として、自主企画事業・活動拠点創造事業・活動支援事業を展開している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言