HOME > ニュース >  ホール  > 玉屋が「NAKASU-VISION」でブルーライトアップ

玉屋が「NAKASU-VISION」でブルーライトアップ

2020年05月08日

福岡県と佐賀県で「玉屋」16店舗を展開する玉屋(福岡県福岡市)はこのほど、天神・中洲に面する本社ビル壁面の大型LED照明「NAKASU-VISION」で「ブルーライトアップ」を実施。5月1日から31日までの1カ月間、ブルーを基調としたイルミネーションを18時頃から午前0時頃まで点灯している。  

ブルーライトアップとは、新型コロナウイルスの収束がいまだ見えないなか、最前線でたたかう医療・介護関係者に感謝と応援の気持ちを伝える取り組み。医療従事者に対して毎週金曜日の12時に感謝の拍手をおくる運動「フライデーオベーション」と同様に広がりをみせている。   

同社では、福岡県下の店舗を4月8日から、佐賀県下の店舗を4月16日から臨時休業するなど、一日も早い事態収束に向けて全社一丸となって取り組んでいる。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言