HOME > ニュース >  ホール  > 静岡のアシベ商事が県内の医療機関3拠点にマスクを寄贈

静岡のアシベ商事が県内の医療機関3拠点にマスクを寄贈

2020年05月13日


静岡県内でパチンコ8店舗をチェーン展開するアシベ商事(静岡県下田市、鈴木康弘会長)は4月30日から5月1日にかけて、伊東市、下田市、熱海市の医療機関を訪れ、各拠点2000枚ずつ、合計6000枚のマスクを寄贈した。

マスクの贈呈先となった医療機関は、伊東市の伊東市医師会、下田市の下田メディカルセンター、熱海市の熱海市医師会の3拠点。同社幹部らが現地の医療拠点を訪れ、直接マスクを手渡した。

同社では、新型コロナウイルスの感染拡大予防対策の一環として、従業員用にマスクを確保していたが、緊急事態宣言の発令に伴う休業要請を受け、店舗を臨時休業するとともに、従業員が自宅待機していることもあり、医療物資の不足が伝えられている医療機関にマスクを寄贈することを決めたという。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言