HOME > ニュース >  ホール  > 徳島のホール企業、愛染観光が自己破産申請

徳島のホール企業、愛染観光が自己破産申請

2020年05月14日

徳島県内でパチンコ店「ゲットプラザ」を展開する愛染観光が11日までに事業を停止し、徳島地裁へ破産手続き開始申立書を送付した。複数の信用調査機関が報じた。負債総額については6、7億円とみられる。新型コロナウイルスの感染拡大で客足が落ち込み、収入が急激に減少したことで事業継続を断念した。コロナウイルス関連の倒産は徳島県内初とみられる。

帝国データバンク徳島支店によると、同社は1983年に設立。県内に3店舗を展開し、2013年3月期には約59億4,500万円の売上高を記録していたが、その後、少子高齢化や同業との競争激化などで収入が大幅に減少。19年3月期決算では売上高約18億円となるなど、近年は赤字決算が慢性化していた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言