HOME > ニュース > 組合・団体 > 21世紀会で予防ガイドラインを作成

21世紀会で予防ガイドラインを作成

2020年05月15日


業界14団体で構成する「パチンコ・パチスロ産業21世紀会」は5月14日、ホール営業における新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドラインを作成し、関係団体に送付した。

ガイドラインでは、政府が収束宣言をするまでの間は感染拡大防止を最優先とし、営業方法に関する取組みとして、「広告宣伝の自粛」「遊技客の間隔確保」「店外照明の減灯」「営業時間短縮」などを掲げた。遊技客の間隔の確保では、台間ボードの活用のほか、1台おきに電源を落とした間引き営業の実施を求めたほか、台間ボードがない店舗では台間に透明ビニールシートの設置も検討し、さらに通路幅が狭い店舗で間引き営業をする場合は、背中合わせが互い違いになるようにして距離を確保するよう促した。

また、主な感染経路である接触感染と飛沫感染のそれぞれについて、従業員や顧客等の動線、接触等を考慮したリスク評価を行うことを求めた。接触感染のリスク評価では、他者と共用する物品や手が触れる場所の中でも、遊技機のレバー・ハンドル・ボタン、自動販売機、呼び出しボタン、椅子の背もたれ、ドアノブ(ドア開閉ボタン)、手すりといった高頻度接触部位に特に注意するよう求めている。飛沫感染によるリスク評価では、 遊技スペースや景品カウンター、休憩ブース、喫煙ブースなどで「十分な換気量が確保できていない場合」「対面になったり、人と人との距離が近い場合」「声(特に大声)を出すような場所である場合」で注意を求め、対人距離の確保、消毒など各自治体の指示や要請を確実に履行するよう促した。

さらにガイドラインでは、開店前・入場時・営業中といった状況別の取組み、景品カウンターやトイレなどの店内での取組み、従業員の健康管理やバックヤードでの取組みなど多岐に渡る項目を列挙。さらには、高齢者や持病がある人にはより慎重で徹底した対応をすることや、地域での感染拡大の可能性が報告された場合の対応について検討しておくことなどを求めている。

ガイドラインの制定にあたって21世紀会では、地域の感染状況が一定の収束に向かい休業要請が解除されたパチンコ店が、営業を再開する際の基準として策定したとする一方で、今の業界が国民から厳しい視線を向けられていることを強調。営業再開にあたっては、万全な感染防止対策を行い、安全・安心な遊技環境で来店客を迎えるよう、ガイドラインに沿った対策の徹底を求めた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言