HOME > ニュース > 組合・団体 > 回胴遊商が書面議決で総会、適切な6号機認定を改めて周知

回胴遊商が書面議決で総会、適切な6号機認定を改めて周知

2020年06月16日


回胴遊商は5月26日、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、書面議決とする令和2年度の通常総代会を都内の組合会議室で実施した。議長には、ユークリエーション代表取締役の斉藤建夫氏を選任。大饗裕記理事長ほか3人の役員が同席し、9つの議案全てが原案どおり承認された。

事業報告では、入替等の作業が平日になるよう行政への働きかけを行い、組合員の労働環境改善に取り組んだことや、支部機能の強化、継続的な社会貢献活動の実施、依存問題対策などに力を注いできたことが伝えられた。

一方の事業計画には、令和3年4月頃から6号機の認定申請が始まることを受け、適切な認定申請業務が行われるよう改めて周知していくことや、円滑な中古機流通業務の運用と取扱主任者および実務担当者の負担を軽減するよう務めることなどが盛り込まれた。また、パチスロ機を設置した際に貼付する確認シールを83万4,000枚、中古パチスロ機の確認証紙については37万枚の発給を見込んでいる。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言