HOME > ニュース > 組合・団体 > 神奈川県遊協が総会 組合団結の重要性を強調

神奈川県遊協が総会 組合団結の重要性を強調

2020年06月25日


神奈川県遊協は6月19日、横浜市内の組合会館で第54回通常総会を開催した。当日は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため出席者を執行部、会計理事並びに監事ら10名に限定して開催し、その他の組合員については書面決議での参加となった。

総会冒頭の挨拶で伊坂重憲理事長は、新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言に基づく休業要請や営業再開後の時短営業、さらには県が感染防止対策の一環として進めている「感染防止対策取組書・LINEコロナお知らせシステム」の導入推進への協力について、組合員に対して感謝の言葉を述べた。また、ホールがこれまで除外されていたセーフティネットの対象業種となったことや旧規則機の撤去期限延長について「全日遊連や神遊協、すなわち『組合』として組合員が知恵を出し合い、業界の生き残りを賭けて交渉にあたった結果で得られた成果であり、あらためて組合員が一致団結することが肝要であると確信した。現在、私たちの業界は新型コロナ禍でお客様が減少し、売上も大変苦戦しているが、このような苦しい時こそ力を合わせて困難を乗り切って行きたい」と語った。

議案審議では、平成31年度事業報告、令和2年度事業計画など第1号議案から第9号議案までの全ての議案が賛成多数で承認された。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言