HOME > ニュース > 組合・団体 > 機構の立入検査数、新型コロナの影響で大幅減

機構の立入検査数、新型コロナの影響で大幅減

2020年07月15日

遊技産業健全化推進機構は7月13日、検査部が実施した2020年度第1四半期(2020年4月1日から6月30日)の立入検査店舗数及び検査遊技機の調査活動実績を公表した。

それによると期間中の立入検査店舗数は、15都府県方面で254店舗(うち計数機検査は41店舗)、検査遊技機数は1,670台(パチンコ遊技機828台、パチスロ遊技機842台)、検査計数機数は41台(玉40、メダル1)。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月及び5月の立入検査を控えたことによって大幅な減少となっており、昨年同期と比べると検査店舗数は約35.9%(昨年度708店舗)、検査遊技機数は約33.4%(昨年度5,002台)、検査計数機数は約52.6%(昨年度78台)となった。本年度の目標店舗数は、1,800店舗(依存防止対策調査を除く)だったことから、機構では「現時点においては事業計画をかなり下回るペースとなっている」としている。

月別の立入検査店舗数は、4月は5店舗(遊技機0店舗,計数機5店舗)、5月は0店舗、6月は249店舗(遊技機213店舗、計数機36店舗)。また、期間中に実施した依存防止対策調査店舗数は、4月が10店舗、5月が135店舗、6月が212店舗の合計357店舗となっている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言