HOME > ニュース >  ホール  > ネクサス、フェンシング競技用電気審判器2セットを寄贈

ネクサス、フェンシング競技用電気審判器2セットを寄贈

2020年07月17日


「D’ステーション」を経営するネクサス株式会社は7月15日、太田市フェンシング協会に対して、FIE公認のフェンシング競技用電気審判器(ファペロ型)2セットを寄贈した。競技用電気審判器は、フェンシングの剣の先端に内蔵されているスイッチが相手のメタルジャケットに一定の圧力で触れると通電し、攻撃の有効性をランプの点灯によって判定するというもの。

群馬県太田市武道館で行われた当日の贈呈式には同社の星野正史社長をはじめ、太田市フェンシング協会の結城副会長、おおたスポーツアカデミーフェンシング部の生徒など多くの関係者が出席した。挨拶にたった星野社長は「今回の審判器の贈呈にあたり、皆様のフェンシングライフのお役に立てれば幸いです。自分自身の目標を持って、それを達成するために頑張ってください」と、協会およびフェンシング部の生徒を激励した。これを受け、太田市フェンシング協会の結城副会長は「この度は、当協会に対しフェンシング競技用電気審判器2セットをご寄贈いただき誠にありがとうございます。太田市フェンシング教室も3カ月以上の活動停止が解除となり、7月上旬から活動を開始いたしました。頂きました審判器は子どもたちの成長のために有効に使わせていただきます」とお礼を述べた。

ネクサスは、2009年4月に「NEXUSフェンシングチーム」を創部。2012年には、ロンドンオリンピックにおいて同社所属選手が日本フェンシング界初となるフルーレ男子団体において銀メダルを獲得するなど、文部科学大臣「スポーツ功労団体」をはじめ、日本オリンピック委員会「JOCスポーツ賞トップアスリートサポート賞」などの多くの表彰を受けている。近年では、2019年4月に国際大会規格のピスト(試合場)がある練習環境を整備し、未経験者から競技選手までサポートできる国内唯一の環境を誇る「NEXUSフェンシングクラブ」(東京都練馬区中村橋)をオープンしている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言