HOME > ニュース > 組合・団体 > 日遊協、定款変更し21世紀会決議違反ホールを資格停止へ

日遊協、定款変更し21世紀会決議違反ホールを資格停止へ

2020年07月22日


日遊協は7月16日、テレビ会議を使った定例理事会を開催し、6月23日に開催されたパチンコ・パチスロ産業21世紀会で、旧基準機撤去に関する5月20日付決議に違反したホールを資格停止にできるよう、各団体の規程の整備が求められたことを受け、定款の変更を臨時総会を開催して行うことを決めた。

変更案では、5月20日付の「21世紀会決議」の順守を求めるとともに、決議に違反した会員には定款に定める処分として、「資格停止」を講じることができる条文を追加する。臨時総会は9月11日に開催し、ペナルティは10月1日から施行となる見通し。また、新型コロナに伴う休業要請に応じないホールに対して退会勧告等を行ったが、その手順等について先の総会で理事らから意見があったことを受け、会員に関する規程の整備を行うことを決めた。

さらに理事会では、「日遊協の在り方・改革PT」の設置について報告があり、7月21日に第1回会合を開催することが示された。PTは新経営者会議のメンバーを含め15名で構成。室長は韓裕副会長、リーダーは西村拓郎副会長、アドバイザーに中村昌勇副会長、樋口益次郎副会長、大久保正博理事が就任。ZOOMを使い、週に1回から2回の頻度で開催する予定だという。

理事会冒頭の挨拶で庄司孝輝会長は、「6月18日の総会で理事の皆様より組合運営の多岐にわたるご提言をいただいた。総会後より、ZOOMを利用した正副会長会議等を積極的に開催し、それらのご提言の実現に向けた取組を進めてきた。本日は、新体制下で初めての理事会。改革の第一歩となる新しい施策を皆様にご審議いただきたい」と述べるなどした。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言