HOME > ニュース > 新機種発表 > 平和、コロナで延期のパチンコ戦国乙女最新作を改めて発表、今秋導入へ

平和、コロナで延期のパチンコ戦国乙女最新作を改めて発表、今秋導入へ

2020年07月29日


平和はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大に伴い延期されていた、人気シリーズ最新作となるパチンコ機の新台「P戦国乙女6 暁の関ヶ原」(アムテックス製)を改めてリリースし、今秋10月5日からホール導入予定であることを発表した。

新筐体「BLAST(ブラスト)」を採用した新機種は、新たな時短機能となる「遊タイム」を搭載し、シリーズ初となる1種2種タイプおよびライトミドルスペック。大当り確率は1/222.9、トータルRUSH突入率は約50%で、トータル継続率は約80%超と連チャン性にもこだわった。

「遊タイム」は、通常時666回消化後に発動。同機では「突RUSH」と名付けられ、この間にRUSHに突入した場合は、電サポ回数が171回となり、トータルの大当り引き戻し確率は97.6%となる。

演出面では、新キャラクター「石田ミツナリ」が加わったほか、新たなストーリーで描かれた多彩な演出も見どころの一つだ。

©HEIWA
Character design by SHIROGUMI INC.



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言