HOME > ニュース > 展示発表会 > 2段階の上乗せシステムを搭載したパチスロAT機「リンかけ」が登場

2段階の上乗せシステムを搭載したパチスロAT機「リンかけ」が登場

2020年07月30日


フィールズは7月28日、都内台東区のショールームでパチスロ機の新台「リングにかけろ1ワールドチャンピオンカーニバル編」(スパイキー製)のプレス向け説明会を開催した。当日は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、来場者の検温、マスク着用、手指消毒などが行われたほか、会場内の密集を避けるため、4回に分散して実施された。

発表された新機種は、車田正美氏原作の人気アニメをモチーフにしたAT機。ATは純増約3.1枚の差枚数管理型で、2段階の上乗せシステムによって瞬発力を発揮する仕様が特徴となっている。そのうち、「ビクトリーラッシュ」と呼ばれる上乗せゾーンでは、貯まったベースとなる差枚数がまとめて倍々で上乗せされていくため、同ゾーン突入時には、出玉に対する期待感が刺激されそうだ。

通常時は、規定された50ゲーム内で100ポイントの獲得を目指すゲーム性。このポイントは、全役で獲得抽選が行われ、100ポイント獲得を達成することで、AT発動の期待度が上昇する仕組みとなる。

ホール導入予定日は10月5日から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言