HOME > ニュース >  ホール  > キスケが地域住民を対象に「喜助の夜市」を開催

キスケが地域住民を対象に「喜助の夜市」を開催

2020年08月20日


愛媛県のホール企業・キスケは、7月31日から8月2日にかけて地域住民を対象としたイベント「喜助の夜市」を開催し、レーザーマッピングを使用したプロジェクションマッピング花火などで来場者を楽しませた。

「喜助の夜市」は地域貢献活動の一環として同社が毎年行っている夏の催しで、新型コロナウイルスの影響で地元の祭事や花火大会など夏の風物詩と呼ばれるイベントが次々と中止となるなか、当日はプロジェクションマッピング花火のほかに、縁日を模した屋台などの出店で家族連れや浴衣を着た子どもたちで賑わいをみせた。同社広報では「地域の方の思い出や夏を味わうイベントを提供したいとの思いから開催を企画した。イベントを通じて地域の皆さんへ『楽しい』を提供でき、沢山の笑顔を見ることができましたので今後も続けていきたい」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言