HOME > ニュース > メーカー > 遊技機メーカーが相次ぎ旧規則機計画的撤去の決議遵守を呼びかけ

遊技機メーカーが相次ぎ旧規則機計画的撤去の決議遵守を呼びかけ

2020年08月31日

今年5月20日の規則一部改正を受け、パチンコ・パチスロ産業21世紀会が決議した旧規則機の計画的撤去遵守を呼びかけるメーカーが相次いでいる。

平和では8月26日、同社サイトにて、「弊社といたしましては、遊技業界が発展していくために、業界団体で自主的に申し合わせた『パチンコ・パチスロ産業21世紀会決議事項』の遵守(業界ルールの遵守)を推進していく方針でございます。仮に業界ルールを遵守されないお取引様には、弊社と致しましてお取引内容を検討させて頂く場合があります」と発表した。

また山佐では8月27日、ホール関係者に向け「弊社と致しましても、決議内容に全面的に賛同しており、旧規則機の計画的な撤去に向けて、業界ルールの徹底遵守を推進してまいります。仮に、決議内容および業界ルールを遵守されないお取引様がおられましたら、弊社としては、お取引内容の精査を行ったうえで、従来と異なるご対応をさせて頂く可能性がございます」と協力を訴えている。

さらにパイオニアでも8月28日、同社サイトのホール向けページの中で、計画的な旧規則機の撤去を推進する21世紀会決議の遵守を呼びかけた。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言