HOME > ニュース > 新機種発表 > 高尾、HOTDパチンコ第2弾は遊タイム搭載の1種2種、RUSH継続は83.5%

高尾、HOTDパチンコ第2弾は遊タイム搭載の1種2種、RUSH継続は83.5%

2020年09月14日


高尾はこのほど、テレビ会議アプリケーションであるZoomを用いてパチンコ機の新台「P学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド2 弾丸319Ver.」の新機種説明会をオンラインで開催した。

同名タイアップ機第2弾となる新機種は、直Vループタイプと呼ばれるゲーム性を創出したミドルスペックの1種2種タイプ。初当り時(1/319.6)に付随する時短が0回または128回となっていることに加え、右打ち中は約1/5.5の確率(実射値)で大当りするため、時短を獲得することで実質的に次回大当りがほぼ確定するループ仕様が実現されている。大当り出玉は、450個から最大1350個の間で4種類だ。

初当り時の時短獲得割合は50.5%で、これが実質的なRUSH突入率。RUSHの継続期待値は83.5%となる。さらに、通常959回転消化で時短128回の遊タイムが発動。RUSH突入が濃厚となる。また、RUSH中の大当り間が平均43秒というスピーディなゲーム消化が可能な点も特徴の一つだ。

ホール導入予定日は10月19日から。

©佐藤大輔・佐藤ショウジ/富士見書房/H.O.T.D.製作委員会



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言