HOME > ニュース > 組合・団体 > 大阪福祉防犯協会が九州豪雨災害で50万円の義援金

大阪福祉防犯協会が九州豪雨災害で50万円の義援金

2020年09月17日


大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は8月5日、大阪市北区の読売新聞大阪本社内にある社会福祉法人「読売光と愛の事業団」を訪れ、九州豪雨災害に対する義援金50万円を寄託した。委託の際には「猛暑の中、過酷な生活を余儀なくされている被災者の方々の姿に心を痛めています。少しでも皆様の救援に役立てていただければ」とのメッセージも添えた。

7月3日から31日にかけて熊本県を中心に発生した集中豪雨は、未曽有の降雨量を記録し、なかでも熊本県を流れる球磨川水系は、八代市、芦北町、球磨村、人吉市、相良村の計13カ所で氾濫・決壊。約1,060ヘクタールが浸水するなど、死者64人(熊本県警発表)を出す甚大な被害となった。同協会ではこうした現状を考慮し、急遽、今回の義援金の寄託を決定した。

また、同協会は大阪府が新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養従事者を支援するために設立した基金「新型コロナウイルス助け合い寄金」にも50万円を寄付している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言