HOME > ニュース >  ホール  > キスケが「カジュアル・エブリディ」制度を導入

キスケが「カジュアル・エブリディ」制度を導入

2020年10月23日


愛媛県のホール企業・キスケは、11月1日から社員の軽装を認める「カジュアル・エブリディ」制度を導入すると発表した。同社では例年5月から10月までの期間、ノーネクタイを認めるクールビズを実施してきたが、11月以降も従業員の働きやすさを追求するために年間を通じて全社的に軽装化を認めることにした。

同社広報室によると、今年の6月からキスケ PAOグループの制服を従業員が自分で選択できるようにしたことで業務のモチベーションが向上。今回の制度導入について「社員一人ひとりが働きやすい環境を作り、効率を上げるための制度として運用することで、従業員満足度の高い会社を目指したい」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言