HOME > ニュース > 組合・団体 > 機構が2020年度上半期の立入検査活動実績を発表

機構が2020年度上半期の立入検査活動実績を発表

2020年10月24日

遊技産業健全化推進機構は10月23日、本年度上半期の立入検査活動の実施状況を発表した。

それによると、今年4月1日から9月30日までの調査数は、49都府県方面で818店舗(うち計数機検査95店舗)。検査遊技機数は、パチンコが2,796台、パチスロが2,820台の合計5,616台。計数機検査は95台で、うち玉計数機が85台、メダル計数機が10台となっている。昨年同期との比較では、検査店舗数が約53.5%(昨年度1,530店舗)、検査遊技機数が約53.7%(同1万452台)、検査計数機数が約47.3%(同201台)だった。

本年度の目標店舗数は1,800店舗だったことから事業計画を下回るペースで推移しているが、機構では「この主な要因は、新型コロナウイルス感染症問題に対処するため、4月及び5月の立入検査活動をほぼ中止したことなどによるもの」と説明している。

これらの数字に依存防止対策調査は含まれていないが、概要は以下の通りとなっている。

【月別立入検査店舗数】
4月 5店舗(1都府県方面に対して遊技機検査0店舗 計数機検査5店舗)
5月 0店舗
6月 249店舗(14都府県方面に対して遊技機検査213店舗 計数機検査36店舗)
7月 206店舗(24都府県方面に対して遊技機検査178店舗 計数機検査28店舗)
8月 120店舗(12都府県方面に対して遊技機検査114店舗 計数機検査6店舗)
9月 238店舗(15都府県方面に対して遊技機検査218店舗 計数機検査20店舗)

【月別依存防止対策調査店舗数】
4月 10店舗(1都府県方面に対して)
5月 135店舗(11都府県方面に対して)
6月 212店舗(14都府県方面に対して)
7月 202店舗(24都府県方面に対して)
8月 140店舗(13都府県方面に対して)
9月 257店舗(18都府県方面に対して)



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言