HOME > ニュース > 展示発表会 > パイオニア、「変わらない」を掲げたパチスロ6号機のハナハナ最新作発表

パイオニア、「変わらない」を掲げたパチスロ6号機のハナハナ最新作発表

2020年10月27日


パイオニアは10月23日、同社定番タイトル最新作となるパチスロ機の新台「ニューハナハナゴールド-30」のオンラインプレス発表会を開催した。当日は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、同社公式YouTubeチャンネルの限定公開生放送というスタイルで実施された。6号機初の30Φノーマルタイプとなる。

「ハナハナは変わらない」をコンセプトに開発されたという新機種は、お馴染みの告知演出であるハイビスカスが光るタイミングや頻度、さらにBB、RBなどが当たる確率を5号機ハナハナと同様に設計。5号機ハナハナシリーズと同様の打感を保ちながら、より遊びやすくなっているスペックが最大の特徴だ。

告知割合は、単独当選ゲームレバーON時が約85%で、残りが次ゲームレバーON時。ボーナスの獲得枚数は、BBが純増最大224枚でRBが同112枚となっている。また、様々な設定示唆要素が継承されているほか、新たなプレミア演出として、ストップボタンを押した際に振動する「バイブストップ」が追加されている。

ホール導入予定は来年1月初旬から。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言