HOME > ニュース > 組合・団体 > 広島県遊協が経営者等健全営業推進研修会を開催

広島県遊協が経営者等健全営業推進研修会を開催

2020年10月27日


広島県遊協は10月16日、広島市中区のリーガロイヤルホテル広島で「経営者等健全営業推進研修会」を開催した。当日は県遊協の役員をはじめ経営者、管理者、店長ら239名が参加し、行政講話をはじめ株式会社エスサポートの三木貴史氏による講演が行われた。

研修会冒頭の挨拶で延川章喜理事長は、旧規則機の設置に関する経過措置期間が1年間延長されたことに触れて、「これは業界側が提出した自主的な撤去を計画的に行うことが前提条件。全国すべてのホールに誓約書の提出が求められているが、残念ながら当県でも誓約書の提出がなされずに現在も高射幸性回胴式遊技機の撤去をせずに営業しているところがある。こうした状況を踏まえて組合員全体の利益の保全と経済的・社会的地位の向上を図るために『組合員資格の停止に関する規約』を決議して10月1日から施行しているが、組合が一丸となってこの難局を乗り越えていくことが何よりも重要であると考えている」として、規約の趣旨に対する理解と協力を求めた。

行政講話では、広島県警察本部生活安全部生活安全総務課の林田辰男課長補佐が業界健全化の推進のために「ギャンブル等依存症対策」「射幸性の抑制に向けた取組」「遊技機の不正改造の絶無」「ぱちんこ営業の賞品に関する問題」「広告宣伝等の適正化」を要請。エスサポートの三木氏は「完全6号機時代 予測と準備」をテーマに、今後の動向や機種選定、入替戦略などパチスロ営業に関する施策について講演した。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言