HOME > ニュース > 新機種発表 > SANKYOのパチンコ新台で、往年の名機が復活

SANKYOのパチンコ新台で、往年の名機が復活

2020年11月02日


SANKYOはこのほど、往年のヒットタイトルをリバイバルさせたパチンコ機の新台「Pスーパーコンビα7500」を発表した。

1985年の初代登場以来、第4作目となる新機種は、コンビシリーズの代名詞ともいえる3穴クルーンを搭載した2種タイプ。右打ち時の小当り確率1/1.0が、当該変動+残保留最大4個分継続するというスペックで設計することで、初当りを含め1,500個(10R)☓5セット=7,500個という出玉性能が実現されている。

通常時からは、飛び込みの通過口を狙い、1段目の役物突破を狙う流れ。役物突破で、3穴クルーンに挑戦。赤い穴に入れば、実質大当りとなるシンプルなゲーム性となっている。

ホール導入予定日は、来年1月4日もしくは12日から。

©SANKYO



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言