HOME > ニュース > 組合・団体 > 保通協の型式試験、パチスロ適合率改善も厳しい状況は継続

保通協の型式試験、パチスロ適合率改善も厳しい状況は継続

2020年11月05日


保通協は11月2日、令和2年10月の型式試験状況を発表した。それによると、パチンコの適合率は約35.5%と、前の月と比べ5.3ポイント減少した一方、パチスロ機の適合率は、今年の最低値となった前月から改善し、6.9ポイント増の20%に上昇した。

なお、令和2年10月の型式試験状況は以下の通り。

◯パチンコ 受理件数92、結果書交付76件、適合27件、不適合49件
◯回胴 受理件数92件、結果書交付90件、適合18件、不適合72件



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言