HOME > ニュース > 組合・団体 > 余暇進、JR大阪駅にリアル3Dの社会貢献広告を展開

余暇進、JR大阪駅にリアル3Dの社会貢献広告を展開

2020年11月20日

余暇進は10月29日からJR大阪駅桜橋口のコンコースで社会貢献の広告を開始。リアルな3D映像を映し出すメディア広告「3D Phantom」を使用した動画配信になっており、1月末まで展開する予定だ。

社会貢献広告の内容は、ウルトラマンとウルトラセブンが登場して医療従事者に感謝のメッセージを伝えるというもの。動画に登場するウルトラマンとウルトラセブンについては、余暇進の会員企業のフィールズがスタジオ撮影などで3Dのデータを提供、協賛した。広告ではこのほか、三洋物産による手洗い啓発映像が提供されており、今後は京楽産業.の協力による置き引き防止啓発の映像、山佐の協力によるソーシャルディスタンス啓発映像の提供も予定されている。

今回の広告展開にあたっては、3D Phantomのパチンコ業界向け総発売元であるイーストパークと、3D PhantomメーカーのLife is style(LIS)、JR西日本コミュニケーションズの3社が協力し、JR大阪駅桜橋口のショーウィンドウ内に3Dデジタルサイネージ(H約1.5×W約2m)を設置した。

イーストパークの朴社長は「医療従事者の方々が先頭に立って新型コロナウイルス感染症に対応している中、パチンコ業界からなんとかエールを伝えたかった。そこで、所属している余暇進に打診し、またメーカー各社、JR西日本コミュニケーションズ、LISに協力いただき、リアル3D広告を出すことができた。我々業界の想いが少しでも医療従事者の方々や社会に伝わればと思っている。今後もエンターテイメント業界だからこそできる社会貢献、地域貢献を提供していきたい」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言