HOME > ニュース >  ホール  > キスケが店内の換気状態を可視化

キスケが店内の換気状態を可視化

2020年12月12日


愛媛県のホール企業・キスケはこのほど経営する4店舗のパチンコ店で、店内の換気環境をモニタリングする実証実験を実施した。ホール内の換気状態を目視で確認できるようにすることで、安全安心な環境であることを来店客にアピールすることが狙い。

今回の実証実験では、愛媛デジタルデータソリューション協会が(株)ルグランと共同で立ち上げた「seeO2now(シーオーツーナウ)」を使用し、二酸化炭素能動をIoTセンサーで測定。室内の換気状況を可視化した。その結果、店内の二酸化炭素能動は、基準値とされる1,000ppmを大きく下回っていたことが明らかになった。全店舗で換気制御や空気の入れ替えを徹底している同社では、今後も専門家のアドバイスを取り入れながら、エアコンの使い方や空気循環の方法について検証していく考えという。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言