HOME > ニュース > 新機種発表 > シリーズ初の1種2種採用、パチンコJAWS最新作が登場

シリーズ初の1種2種採用、パチンコJAWS最新作が登場

2020年12月15日


平和はこのほど、シリーズ最新作となるパチンコ機の新台「P JAWS3 SHARK PANIC 〜深淵〜」をリリースした。

シリーズ初となる1種2種タイプが採用された新機種は、いわゆるRUSH中の大当り全てで、1,500個の出玉が獲得できる点に加え、その状態がトータル約80%で連チャンするという高継続性を有したスペックが特徴だ。

大当り確率は約1/319.6(特図2小当り1/8.1)で、初当り後は主に、電サポ1回+残保留4回中に大当りを引けばRUSHに突入。突破率は約51%となっている。

一方RUSH中は、全サポ8回+残保留4個間での連チャンに挑戦。トータル継続率は約80%となる。遊タイムも搭載され、959回転消化で発動、電サポ100回が付随する。

また、巨大ザメを表現したインパクト抜群の筐体に加え、サメの吐息を体感することができるという「絶叫ウィンド&スピーカー」による臨場感ある演出も見どころの一つだ。

ホール導入予定日は来年2月8日から。





ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言