HOME > ニュース > 組合・団体 > 高射幸性機未撤去店舗は12店 誓約書確認機関がまとめる

高射幸性機未撤去店舗は12店 誓約書確認機関がまとめる

2020年12月15日

ホール4団体の誓約書確認機関は、10月19日から12月14日までの通報・確認システムの状況をまとめた。

それによると通報総数は497件で、このうち内容が重複した294件を除いた154件に対して事実確認書を送付。撤去期限を過ぎた高射幸性遊技機の撤去未履行については12店舗を確認し、全機連へ詳細を通知した。また、誓約書未提出店舗25店舗に対しては、通報内容が事実であるかを確認するための事実確認書を送付している。

さらに、同機関は12月1日から14日までの通報件数を62件と報告し、このうち内容が重複する39件を除く、23件が実質の通報件数だったとして「事実確認書送付に当たらない件数」を除いた9店舗(4店は送付準備中)に確認書を送付した。12月2日までに撤去期限を過ぎた高射幸性遊技機の撤去未履行店は8店舗で、こちらも全機連へ詳細を通知している。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他










PSIO 遊技産業不正対策情報機構



闇スロ撲滅宣言

安心娯楽宣言