HOME > ニュース >  ホール  > アサヒディードが女性スタッフを対象にメイク講習会

アサヒディードが女性スタッフを対象にメイク講習会

2020年12月22日


アサヒディードは11月18日、ダイバーシティ推進の一環として女性スタッフを対象にしたメイク講習「コロナ禍におけるお客様とのコミュニケーションを円滑にする戦略メイク~アイメイク編~」を行った。同社のメイク講習は今回で2回目。前回に続いて株式会社ママココの中島三栄子代表が講師を担当した。

前回は社会人としての身だしなみやサービス業としての自覚を促すことを目的に実施されたが、今回はそれに加えて、コロナ禍という厳しい営業環境のなかで、マスク着用の接客でも、来店客や職場の従業員に好印象を与えるメイク方法を受講。実際に自分の表情を鏡で観察しながら、メイクの手順やビューラーの角度、アイラインやアイシャドウの描き方、眉とのバランス、まつ毛の角度といった戦略的なアイメイクのポイントを学んだほか、個人の顔や特徴にあわせた実践的なメイクテクニックのレクチャーを受けるなどした。

講習会終了後、講師の中島さんはサービス業におけるアイメイクの重要性を呼びかけながら「メイクはコミュニケーション。気持ちの良いメイクをするというマナーは、相手への敬意であり、思いやりでもあります。ぜひ、ご自身の心も楽しくなるメイクを続けてください」と参加者に労いの言葉をかけた。講習会に参加した女性従業員からは「元々メイクに関心がなく学生時代もしていなかったが、眉毛だけでこんなに印象が違うということを学ぶことができた」「女性はメイク一つで印象が変わることを知った。表情は普段から言われることが多いが、メイクを指摘される機会は少ない。メイクで表情を変えて接客に自信が持てそうだ」「仕事用とプライベートでメイクを変えるという発想がなかった。仕事の時は研修で学んだメイクを意識したい」といった感想が寄せられた。今回のメイク研修についてアサヒディードでは「過度な接触を避け、マスク着用の接客をしなければいけないなかで、サービスの質を落とさないための『第一印象』の向上を目指していきたい」としている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他