HOME > ニュース >  ホール  > ZENTアートミュージアムで「NEO HOKUSAI展」

ZENTアートミュージアムで「NEO HOKUSAI展」

2021年01月15日


善都が経営する「ZENT 名古屋北店」併設の「ZENTアートミュージアム」が1月14日から「NEO HOKUSAI展」としてリニューアルした。

「NEO HOKUSAI展」は国内外で作品を発表するクリエイティブユニット「エンライトメント」が、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の作品に現代アートの視点を取り入れ、新しい魅力を生み出す作品展で、今風にアレンジしたファインアートの世界が体験できる空間になっている。

エンライトメントを起用した今回のリニューアルについて、善都では「新たな色彩やテクスチャーは理屈や時代背景を超え、現代に生きるわれわれの感性と呼応し、美しさや驚きを与えてくれます。また、会場を覆い尽くすサイズにまで巨大化させた作品イメージの装飾は、眼だけではなく身体でも作品を体感でき、会場外からはパブリックアートとして違った魅力を感じることができます」としている。

エンライトメントはヒロ杉山氏、タナカノブコ氏、中島友太氏、吉田真由氏、角田麻有氏からなるクリエイティブユニットで、国内外でさまざまなアート作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、展覧会のキュレーションなども展開。グラフィックデザインや広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表し続けている。



ニュースカテゴリー

組合・団体 新機種発表 新製品発表 展示発表会 ホール
メーカー 企業 セミナー勉強会 事件・事故 その他